リンク集

マタニティフォトで思い出を残そう
赤ちゃんがお腹の中にいる間に、記念としてマタニティフォトを残しましょう。
人気上昇中のマタニティフォトの情報が満載のサイトです。
アメリカ・ハリウッドのセレブたちが自分の妊娠中の姿を写真に収めて雑誌やブログに載せ始めたのをきっかけに
日本でも有名人が同じようにマタニティフォトを撮影するようになりました。
そもそも日本は保守的な考え方が多い国なので、マタニティフォトに関しては賛否両論でした。
年配の方にとっては、妊婦がお腹を出した状態で写真を撮るなんて、発想だにしなかったでしょうし、
ましてそれを世間に公表するなんて、なかなか受け入れられないでしょう。
それでも若い世代の人たちからは共感を得て、一般の妊婦さんたちもマタニティフォトを撮影して記念に残しておくようになりました。
今では多くの写真スタジオでマタニティフォトの撮影を取り扱っています。
マタニティフォト用のドレスも種類が豊富になり、人気のブランドまであるそうです。
マタニティフォトを撮影しておいて、生まれてきた我が子が成長した時に一緒に見られたら、感慨もひとしおでしょうね。
http://maternity-photo-e.com/

どこで持ち込みタイヤ交換するのがベスト?
雪の季節にスタッドレスタイヤへ交換、パンクしてしまった時に交換。
タイヤの交換をする必要ができてしまった時には、どこで交換するのがいいのかまとめてみました。
タイヤは消耗品です。摩耗したタイヤを装着したまま走行しているのは、いざという時、スリップしやすいので大変危険です。
ちなみにタイヤの溝がすり減ってスリップサインと同じくらいの高さになると車検は通りません。
タイヤはどこで購入したらいいのでしょうか。カー用品店はもちろんですが、自動車用のタイヤを専門に販売しているショップもありますし、
ガソリンスタンドでもタイヤを販売しています。
今はインターネットでもタイヤを安く購入できます。ネット通販で買ったタイヤは、自分で装着できればそれで問題ありませんが、
そうでなければガソリンスタンドや自動車修理工場に持ち込まなければなりません。
そんな中、今人気なのが、ネットで購入したタイヤの送り先を自宅ではなく、持ち込みタイヤ交換の店にする、というものです。
そうすれば、タイヤがお店に到着後に自動車で来店すれば、プロが安全確実に新品のタイヤに交換してくれます。
これは大変便利な手法ですね。
http://taiyakoukan.net/